MENU
診療放射線学科Department of Radiological Technology

5つの強み

放射線医療を取り巻く環境の急速な高度化に伴い、診療放射線技師には、様々な技術革新に対応するための基礎的な知識と臨床応用技術の習得が求められています。本学科では、医用放射線の分野において確立された医療技術を理解し、医療技術を安全かつ正確に遂行する能力を育成するとともに、理工学分野や医療安全学など関連する専門知識と技術を修得できるよう、5つの強みを特徴とした教育を行います。

1.基礎教育の徹底

放射線医学領域の基礎科目を1年後期から2年前期にかけて開講し、十分な基礎教育を行います。

診療放射線1

2.高度な読影補助能力を養う

臨床経験豊富な教員が診療画像技術学、診療画像解剖学の講義と演習を行い、高度な読影補助能力を養います。

診療放射線2

3.徹底した安全管理能力

医療安全の確保や環境放射線管理に貢献できるよう教育を行います。

診療放射線3

4.理解を深める授業編成

理論と実践の学びを統合して段階的に学修し、専門知識・技術を活用できることを目指します。

診療放射線4

5.卒業研究

放射線技術学の集大成として主体性を持って卒業研究を遂行できる能力を育成します。

診療放射線5