MENU
理学療法学科Department of Physical Therapy

理学療法学科の学び

学びの特色

医学部、病院、学科が一体となった教育と実習
教育と実習
本学科では解剖学や生理学の実習室をはじめ、学術メディアセンターなど医学部と共有する抜群の教育環境があります。 また、医学部教員による充実した授業や順天堂医院の理学療法士による実習指導、順天堂医院での臨床も兼務する学科教員による授業や実習指導といった医学部、病院、学科が一体となった教育指導体制により日本随一の教育指導を実践しています。
スポーツと医学、健康の関わりが学べる
本学科ではサッカー日本代表などスポーツ現場で活躍する教員のもと、スポーツや運動の障害に関わる理学療法を実践的に学ぶことができます。また、スポーツや運動の障害に関わる理学療法だけでなく、スポーツや運動と健康の関わりとして、予防医療や地域における健康づくりのためのスポーツや運動の重要性についても学びます。
大人数によるコミュニケーション促進と少人数ゼミナール
少人数ゼミナール②
本学科は1学年120人という国内最大の定員を有します。大学時代に多くの友人に触れることは多様な価値観に触れるかけがえのないチャンスです。その一方で、少人数ゼミナールを1年次から4年次まで配置して積極的なディスカッションやグループワークを実施します。 このゼミナールでは学生6~10名に対し1名の教員が毎週細やかな指導を行います。大人数クラスと少人数ゼミの双方の特徴を最大限に活かして、医療人として必須のコミュニケーション能力を養うことができるとともに、学生同士が仲良く、明るい笑いが絶えない学生生活を送っています。
授業や海外研修による国際力養成
国際力養成
国際化とグローバル人材の育成を目指し、英語や医療英語という科目だけでなく、通常の授業でも、欧米やオーストラリアなどの海外留学経験や国際学会での発表経験を豊富に持つ教員が英語を取り入れた授業を行います。また、国際交流協定を締結した海外の大学からの実習生受け入れによる国際的なコミュニケーション育成、希望者への海外研修を行う予定です。

カリキュラム・シラバス

   ゼミナール/選択演習科目/専門基礎医学
  1年次
  前期後期



人間
科学系
現代社会と倫理
心理と行動
社会学概論
人間関係論(コミュニケーション論)
法と社会(日本国憲法)
人権とジェンダー
自然
科学系
基礎化学
基礎生物学
基礎物理学
基礎数学
情報科学
統計学
生化学
生命現象の科学
言語と
スポーツ系
英語Ⅰ
中国語Ⅰ
フランス語Ⅰ
スポーツ理論・実技
スポーツ健康運動方法論
野外スポーツ実習Ⅰ(サマー)
英語Ⅱ
中国語Ⅱ
フランス語Ⅱ
国語表現法
野外スポーツ実習Ⅱ(ウィンター)
総合フレッシャーズゼミナールフレッシャーズゼミナール
専門基礎分野解剖学Ⅰ
解剖学Ⅱ
生理学Ⅰ
救命救急学
解剖学実習Ⅰ
解剖学実習Ⅱ
生理学Ⅱ

運動学
専門分野理学療法概論
臨床実習Ⅰ(見学)
日常生活活動学
検査・測定学
    
  2年次
  前期後期



人間
科学系
社会保障制度と医療経済
世界と日本現代史
 
自然
科学系
  
言語と
スポーツ系
英語表現Ⅰ
中国語Ⅰ
フランス語Ⅰ
英語表現Ⅱ
中国語Ⅱ
フランス語Ⅱ
医療英語
総合  
専門基礎分野生理学実習
外科学
リハビリテーション医学
臨床心理学

人間発達学
病理学概論
整形外科学

運動学実習
カウンセリング論
脳神経外科学
内科学
精神医学
神経内科学
小児科学
専門分野日常生活活動学実習
理学療法基礎ゼミナール
検査・測定学演習
運動療法評価学
運動器系理学療法学
臨床実習Ⅱ(検査・測定)
理学療法基礎ゼミナール
運動療法評価学実習
神経系理学療法学
内部障害系理学療法学
運動器系理学療法学実習
物理療法学
物理療法学実習
    
  3年次
  前期後期
専門基礎分野感染症・免疫学
薬理学
栄養代謝学
医療安全管理学
医療倫理論
地域包括マネジメント論
チーム医療論
専門分野理学療法管理学
理学療法画像評価学
神経系理学療法学実習
内部障害系理学療法学実習
発達障害系理学療法学
スポーツ理学療法学
義肢装具学
義肢装具学演習
地域理学療法学Ⅰ
理学療法研究法
理学療法ゼミナール
リハビリテーション工学
発達障害系理学療法学演習
スポーツ理学療法学演習
関節障害理学療法学演習
認知神経理学療法学演習
急性期理学療法学演習
高齢者理学療法学演習

地域理学療法学Ⅱ
臨床実習Ⅲ(評価)

理学療法ゼミナール
    
  4年次
  前期後期
専門基礎分野  
専門分野臨床実習Ⅳ(インターン)
臨床実習Ⅴ(地域)
卒業研究
卒業研究
理学療法学セミナー

理学療法学科カリキュラム・シラバス

1年次から4年次までゼミナールを配置
少人数制のゼミナールを1年次から4年次まで配置し、丁寧な学習支援を実現します。このゼミナールでは日々の学習から就職の相談まで、専任教員が継続的に支援します。
3年後期に6つの選択演習科目を配置
学生の興味が膨らんだ科目をさらに深く学べるように、多彩な選択演習科目を配置しました。 急性期理学療法学演習、高齢者理学療法学演習、スポーツ理学療法学演習、関節障害理学療法学演習、発達系理学療法学演習、認知神経理学療法学演習のなかから、自分の興味に応じて主体的に選択することができます。
医学部の現役教員が行う専門基礎医学が充実
解剖学や生理学は医学部の実習施設を共有し、医学部さながらの授業を行います。順天堂大学医学部の第一線の教員の高度な授業を受けられるのは本学科の大きな特徴です。
国家資格取得を1年次から徹底サポート
国家資格(理学療法士)取得に向け、1年次から授業やゼミを通じ、国家試験問題へ触れます。さらに国家試験問題の学習ツールを使用し、1年次から学生の国家試験に対するアクティブラーニングを支援します。国家試験対策室も備え、国家試験合格へ向けた学習環境が整っています。
国家資格取得を1年次から徹底サポート
国家試験対策室
国家試験対策室

Pick UPカリキュラム(科目紹介)

フレッシャーズゼミナール
フレッシャーズゼミナールではディスカッションやグループワークを行い、プレゼンテーションを行います。障害やその理学療法の調べ方について学び、効果的なプレゼンテーションを行うための方法などを身につけます。
フレッシャーズゼミナール
スポーツ理学療法学
スポーツ傷害・障害について、国際標準的なスポーツ理学療法を学びます。クリニカルテストやエクササイズプログラムの基本的な方法を身につけます。
スポーツ理学療法学

施設設備

多彩な実習室と附属病院との連携

01.60台のベッドを備えた実習室

60台のベッドを備えた実習室で検査・測定や運動療法を学びます。

02.実習室の機器

実習室の機器は授業だけではなく、卒業研究などでも活用します。

03.グループワーク

可動域の椅子を用い活発なグループワークを行います。

04.検査・測定機器

最新の検査・測定機器を用いた実習授業を行います。

05.三次元動作解析室

三次元動作解析室では動作を科学的に分析することができます。

06.順天堂医院

順天堂医院では理学療法士による実習指導を行います。
アクセス抜群のキャンパス

臨床実習

高度先進医療を提供する順天堂医院でのEarly Clinical Exposure Program
本学科は順天堂医院から徒歩1分に位置し、1年次前期から順天堂医院での見学実習を実施しています(Early Clinical Exposure Program)。入学後の早期に医療現場で直接患者さんと接する体験や医療スタッフとの仕事を見学することで、医療人としての態度や心構えを養い、学習意欲を高めます。
臨床実習
附属病院や附属病院以外での実習
順天堂医院での実習に続き、2年次には順天堂医院以外の附属病院、そして3年次や4年次には順天堂附属病院以外での実習も行うことで、より視野を広げ、時代の変化に対応できる、選ばれる理学療法士を養成します。
附属病院や附属病院以外での実習