MENU
学生生活Campus life

緊急時の対応/海外渡航時の注意

緊急時の対応

学生生活においては、いつ・どのようなトラブルに巻き込まれるか予測がつきません。万が一、緊急事態が発生した時は、速やかに警察や消防への通報および保健医療学部事務室に連絡してください。

海外渡航・留学時の注意

海外では、どこにどのような危険があるのかが十分に把握できないこともあるため、テロや暴動、盗難・紛失、病気・事故、過失や債務不履行に伴う損害賠償等、様々な被害に遭う可能性が高くなります。危険を感じる状況等を出来るだけ避け、常に危険等を予測してから行動するように心がけてください。自分の身は自分で守るという原則「自己責任」の心構えで、留学先地域の治安情勢、犯罪の傾向・手口、衛生状況や病気・医療に関する情報、風俗・習慣・国民性、現地の法令や法律等の社会情勢等、常に最新の情報収集を行うよう心がけてください。旅行保険への加入や在留登録を必ず実施し、事故や犯罪等に巻き込まれた場合に、安否確認ができるようにしてください。

本学では「海外渡航時の安全と危機管理ガイドブック」を作成しており、海外に渡航する場合には「海外渡航届」の提出を必須としております。個人旅行で渡航する場合においても、忘れずに提出するようにしてください。