MENU
学部紹介Faculty Introduction

国際連携

国際色豊かな授業・課外活動

グローバルに活躍する医療人への第一歩

海外へ進出する若者だけでなく、国内で活躍する医療人にも、英語力は欠かせないスキルです。保健医療学部は、知性と教養にあふれ、発信力と行動力のあるグローバルな視点を持つ人材を育成します。その一環として、一部の講義では海外の医療関係者を招き、英語による授業を実施しています。ネイティブ講師による授業はスピード感があり、語学の習得だけでなく、自身の今後のキャリアをイメージする上でも刺激を受けることができます。

マーセラス先生講義

外国語で交流「多言語倶楽部」

いろんな言語でもっと話したい!そんな学生がお昼休みに集まって、週に一回「多言語倶楽部」を開催しています。様々な地域出身の先生をお呼びして、言葉と文化を教えてもらいます。倶楽部で取り上げる言語は、英語、韓国語、中国語、ロシア語、ドイツ語などなど。語学の習得にはインプットだけでなく、アウトプットも大切。順天堂大学に在籍している留学生や外国人研究生と交流する機会もあります。(写真:ウズベキスタンから来日中の先生に、ロシア語を教えてもらっています)

多言語倶楽部_2

海外の大学との交流

海外から研修生を受け入れています

海外の大学に在籍中の学生を、研修生として受け入れています。留学生は、本学部や附属病院でインターンシップを行います。同じ分野で学ぶ同世代の留学生との交流を通じて、学ぶ意欲が高まったという声が聞かれています。

JUIC旗アップ

大学間の交流を活発に行っています

保健医療学部の教員が、海外の大学の大学を訪問したり、海外のファカルティメンバーが来日して、順天堂の施設を見学したりと、世界の拠点大学との交流を活発に行っています。

ランシット大学訪問

海外の大学で実施されている、様々な取り組みをリサーチし、グローバルスタンダードをいち早く取り入れていきます。(写真1:ランシット大学訪問、写真2:マヒドン大学とプリンセスチュラボーンロイヤルアカデミーの教員による順天堂視察)

タイ_マヒドン大学来日

留学を希望する在学生へ

留学相談

本学では国際交流センター(JUIC)が留学相談を受け付けています。

順天堂大学国際交流センター(JUIC)

保健医療学部では、夏休みなどの長期休暇を利用し、世界の医療をリードする各大学で研修する、短期留学プログラムを準備しています。​​​​​​​

JUIC看板

TOEFLのスコアアップをサポート

留学を有意義なものにするには、渡航前の準備が大切です。海外の多くの大学が、留学生の受け入れの基準として、英語能力測定テストTOEFLのスコアを重視していることから、本学ではTOEFL対策に力を入れています。TOEFLのスコアがアップすると、英語の授業の理解度もアップ。保健医療学部でも1年時に年2回のTOEFL受験を必須(受験料は大学負担)とし、語学力向上のための取り組みを行っています。

TOEFLポスター

シンポジウム・イベント

国際シンポジウムの開催

保健医療学部の開設記念として、国際シンポジウムを開催しました。理学療法学ではトロント大学(カナダ)とサンパウロ医科大学(ブラジル)から、診療放射線学ではMDアンダーソンがんセンター(米国)とハーバード大学医学部(米国)から講師陣を招聘。両学科の教員・学生が参加し、最先端のトピックスを学びました。

保健医療学部シンポ2018

保健医療学部では、海外の研究チームと活発な共同研究を行うとともに、国際的なシンポジウムを定期的に開催しています。

オールボー大学シンポ集合写真

海外から招聘した講師による基調講演や研究成果の報告を通じて、学部生のうちから視野を広げる機会を設けています。

オールボー大学写真シンポ

国際交流協定校

国際交流協定が結ばれた大学を順次ご案内いたします

マヒドン大学(タイ王国)
2019年12月にMOUを結びました。

オールボー大学(デンマーク)
2019年12月にMOUを結びました。

中国医薬大学(台湾)
2019年7月にMOUを結びました。